Share this page

IFCは、インレー湖の農家にグッド・プラクティスを通じて農業投入物のより良い利用を促進

ミャンマー、ヤンゴン、2017年7月31日 - 世界銀行グループの一員である国際金融公社(IFC)は、英国の国際開発省(DFID)、オーストラリア外務省(DFAT)、および日本政府と共にミャンマー 農業畜産灌漑省 (MoALI)と協力して、農業情報改革プロジェクトを実施しています。本プロジェクトの目的は、農業分野の生産性を高め、所得を増やし、技術、知識、品質を向上させることです。
IFCとMoALIが主催し、ニャウンシェで開催されたGood Agriculture Practices(GAP)ワークショップでは、200人のトマト農家を含む300人の参加者が、インレー湖の水上農場での化学物質の使用を改善し、削減する方法について議論しました。このイベントは、インレー湖を保護し、GAPを支援するIFCの取り組みの結果です。持続可能な農業慣行の改善のための解決策を模索し、湖が地域住民の主要な収入源であり続けることを確実にすることを目的としています。
主要な現金作物として、湖周辺地域でのトマト栽培は肥料や農薬の使用を増加させ、水質に長期間影響を及ぼしています。主要な地場産業としての農業と漁業に加え、2016年には約25万人の国際観光客と40万人の国内観光客がインレー湖を訪れ、地元住民の収入と雇用を創出しました。したがって、湖を保護することは、観光客数を持続的に維持・増加させるために重要です。
「多くの農家は安全で持続可能な方法で農薬を使用することへの知識が不十分です。彼らの大多数は、一般的に素手で化学肥料を混合しています。これは潜在的な健康上のリスクを引き起こすだけでなく、水質、土壌植物、魚の汚染に繋がる可能性があります」と農務省のディレクター・ジェネラルであるYe Tint Tun氏は述べました。したがって、農民が化学物質を持続可能に使用する方法を学ぶことが不可欠です。 MoALIは、インレー湖のトマト農家のためのGAPの実施を支援し、農業、漁業、観光がこの地域の人々の生活基盤であり続けることができるよう支援ています。
このワークショップでは、GAPプログラムに参加する農家の経験を共有し、予防的バイオ製品によって化学物質の使用を削減し、生産効率を向上させました。トマトのバイヤーは、消費者の間で高品質の製品、特にGAP品質の製品をより多く購入するであろう大手スーパーマーケットの需要が高まっていることを強調しました。このイベントでは、ニャウンシェ地区の農業生産を支援するための金融商品だけでなく、財務や情報管理の改善に役立つアプリケーションを農民に紹介しました。
ミャンマーのIFCカントリーマネージャーであるVikram Kumarは次のように述べています。「農業は、豊富な土地や水資源に恵まれたミャンマーにとって比較優位のある分野です。このセクターの長期的な持続可能性を保障するとともに、地元住民の健康と安全を確保するためには、これらの資源を十分に管理することが不可欠である。インレー湖地域でGAPを設立し、米と胡麻など他の作物に対する環境規制、基準、農業投入物の利用を改善するために国家レベルで省を支援するMOALIの努力を支援できることを、嬉しく思います。」
IFCについて:
世界銀行グループの一機関であるIFCは、途上国の民間セクターへの支援に特化した世界最大規模の国際金融機関です。世界の2,000以上の民間企業との協力を通じて、IFCは、資金、専門知識、影響力を行使することで、極度の貧困を撲滅し、繁栄の共有を促進できるようにするための支援を行っています。2016年度には、途上国の人々の生活向上と世界でも緊急な開発課題への取り組みにおいて約190億ドルの資金を提供しました。詳細についてはウェブサイト( www.ifc.org )をご覧ください。